更新日:2020年9月23日

ここから本文です。

キッズコーナー(クエストチャレンジ_1)

クエストチャレンジ「ローマ市公民権証書」の謎を追え!

「ローマ市公民権証書」は、支倉常長(はせくらつねなが)がローマから日本へ持ち帰ってきた貴重(きちょう)な資料です。国宝やユネスコ記憶遺産(きおくいさん)にも登録(とうろく)されています。
この「ローマ市公民権証書」の謎に、まーくん、めごちゃんといっしょにチャレンジしてみましょう!

 

三角矢印問題・答え(PDF)のダウンロードは、このページの一番下へ  

チャレンジ1
何に書かれている?(なににかかれている?)

「ローマ市公民権証書」に使われている素材(そざい)は、次の3つのうちどれでしょう?  

1. 植物のせんいから作られた紙
2. ヒツジやヤギなどの動物の皮
3. 絹糸(きぬいと)でおられた布

 

うーん、どれに書かれているのかしら?  

 

答えはこのページの下にあるよ ↓

 


 

 

答え合わせ(こたえあわせ)

 

答え 2. ヒツジやヤギなどの動物の皮

羊皮紙(ようひし)と呼ばれる動物の皮で作られた素材が使われています。
「羊(ひつじ)」という文字が入っていますが、ヒツジだけでなく、ヤギや子ウシの皮も使われました。
羊皮紙は一枚の皮から作られるため、植物性の紙よりもやぶれにくいという特徴(とくちょう)があります。じょうぶなので、ヨーロッパでは重要な書類や本などに使われました。
しかし、羊皮紙は湿度(しつど)の変化に弱く、湿気(しっけ)が多くなるとしわになり、乾燥(かんそう)するとちぢんでしまいます。

 

 

文字を書いたり絵をえがいたりするとき、羊皮紙のほかにはどんな素材が使われているのかな?

 

1. 植物のせんいから作られた紙

たたいたり、にたりして取り出した植物のせんいを水にとかし、すいて乾燥させて作った紙です。今も昔も、紙は植物のせんいから作られています。

 

3. 絹糸(きぬいと)でおられた布

カイコのまゆからとった糸でおった織物(おりもの)です。主に服に使われる布ですが、紙と同じように、絵をえがいたり文字を書いたりするために使われることがあります。

 

正解できたかな?

ほかの問題にもチャレンジしてみよう!

 

 三角矢印 チャレンジ2 正しい組み合わせはどれ?

 三角矢印 チャレンジ3 さがしてみよう

 


 

問題・答えのダウンロードは、こちらから

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ