現在位置ホーム > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 陽性になった方について

ページID:63038

更新日:2023年10月1日

ここから本文です。

陽性になった方について

療養期間の考え方

 令和5年5月8日以降、新型コロナ患者は、法律に基づく外出自粛は求められませんが、医療機関を受診した結果あるいは自己検査(薬局等で購入した検査キットや検査機関での検査)で陽性となった場合は、下記の療養期間を設けていただくことを推奨しております。 

<療養期間の目安>

療養期間 

参考資料:5類移行後の新型コロナウイルス感染症について(チラシ)

 

外出を控えることが推奨される期間

 特に発症後5日間が他人に感染させるリスクが高いことから、発症日を0日目(※1)として5日間は外出を控えること(※2)、かつ、5日目に症状が続いていた場合は、熱が下がり、痰や喉の痛みなどの症状が軽快して24時間程度が経過するまでは、外出を控え様子を見ることが推奨されます。症状が重い場合は、医師に相談してください。
(※1)無症状の場合は検体採取日を0日目とします。
(※2)こうした期間にやむを得ず外出する場合でも、症状がないことを確認し、マスク着用等を徹底してください。

 

周りの方への配慮

 10日間が経過するまでは、ウイルス排出の可能性があることから、不織布マスクを着用したり、高齢者等ハイリスク者と接触は控える等、周りの方へうつさないよう配慮しましょう。発症後10日を過ぎても咳やくしゃみ等の症状が続いている場合には、マスクの着用など咳エチケットを心がけましょう。

 

通勤・通学について

 陽性となった場合の休業期間や復帰については、通勤・通学している職場や学校等にご確認ください。

 

症状が長引く場合

 症状が軽快しない(発熱や呼吸器症状等が続いている)場合は、かかりつけ医等のお近くの医療機関にご相談ください。

 また、下記ページでも外来対応医療機関の情報の紹介を行っていますのでご参照ください。

  受診可能な医療機関

  相談窓口・コールセンター

 夜間・休日に、急な体調悪化等で救急車を呼ぶかどうか判断に迷う場合は、下記ページもご参照ください。

  救急・休日当番医>医療機関のご案内

 

療養の証明について

 5類感染症移行後(令和5年5月8日以降)に陽性となった方は、5類感染症への移行に伴い、行政から療養証明書は発行されません。保険請求や勤務先への提出等のために証明書が必要な場合は、医師が作成する診断書等によりご対応いただくこととなります。詳しくは保険会社や勤務先等に直接お問い合わせください。

 5類感染症移行前(令和5年5月7日以前)に陽性となった方は、現在、仙台市保健所では療養証明書の発行は行っておりません。また、療養証明書の発行対象者(届出対象者)が利用可能だったMyHER-SYSによる療養証明書の表示・取得は、令和5年9月30日で終了しました。保険会社への請求等で療養証明書が必要な方は、代替書類として利用可能性のある書類等がございます。詳しくは下記ページをご参照ください。

  療養の証明について

 

医療費について

 医療機関受診時の費用は通常の保険診療となります。ただし、治療薬及び入院医療費は、公費支援が継続となっています。令和5年10月1日から令和6年3月31日までの支援内容は以下のとおりです。

  • 治療薬:医療保険の自己負担割合の区分ごとに自己負担額の上限が設定されています。
  • 入院医療費:高額療養費制度の自己負担限度額から原則月最大1万円が公費支援されます。

 その他の期間の支援内容など、詳しくは以下のリンク先をご参照ください。

  5類移行後の新型コロナウイルス感染症について

  入院費用の公費負担

 

罹患後症状(いわゆる「後遺症」)について

 罹患後症状(以下、「後遺症」という。)に関する詳細は、以下のページをご参照ください。

  罹患後症状(後遺症)について

 また、後遺症の診療・相談等が可能な医療機関一覧を宮城県ホームページに掲載されているほか、仙台市では相談ダイヤルを設け、関連する相談受付や医療機関の情報紹介等を行っていますのでご利用ください。

  (宮城県)罹患後症状(後遺症)について(外部サイトへリンク)

  相談窓口・コールセンター

 

濃厚接触者の取扱い

 令和5年5月8日に新型コロナウイルス感染症の位置付けが5類感染症に移行したことで、保健所から新型コロナウイルス患者の「濃厚接触者」として特定されることはありません。また、「濃厚接触者」として法律に基づく外出自粛は求められません。

 

家族が感染した場合の対応

 ご家族、同居されている方が新型コロナウイルス感染症にかかったら、可能であれば部屋を分け、感染されたご家族のお世話はできるだけ限られた方で行うことなどに注意してください。

 その上で、外出する場合は、新型コロナウイルス感染症にかかった方の発症日を0日として、特に5日間はご自身の体調に注意してください。7日目までは発症する可能性があります。こうした間は、手洗い等の手指衛生や換気等の基本的感染対策のほか、不織布マスクの着用や高齢者等ハイリスク者と接触を控える等の配慮をお願いします。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局感染症対策室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎6階

電話番号:022-214-8029

ファクス:022-211-1915