現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 経済・産業 > 民間企業等との連携 > クロス・センダイ・ラボ(民間企業等との連携窓口)

更新日:2022年4月1日

ここから本文です。

クロス・センダイ・ラボ(民間企業等との連携窓口)

クロス・センダイ・ラボとは?

「クロス・センダイ・ラボ」は、民間企業等からの提案や相談を一元的に受け付け、関係部局との調整を行う窓口です。

多様化する行政課題や地域課題の解決には、行政とは異なる視点、ノウハウ、アイデアなどを有する民間企業や大学など、多様な主体との連携を深めることが必要です。

クロス・センダイ・ラボでは、担当部局が明確でない、あるいは複数の部局にまたがるような案件などに関して、相談・提案しやすい環境を整えるとともに、次の「パートナーシップ推進事業」と「実証フィールド支援事業」の2つの取組みにより、提案いただいた内容を的確に行政課題や地域課題の解決に結び付けていきます。

クロス・センダイ・ラボの仕組み

パートナーシップ推進事業

民間企業等から行政課題や地域課題の解決に向けた提案を幅広く受け付け、対話を重ねながら提案の実現に向けた支援を切れ目なく行うことで、スピーディかつ強力に連携を推進します。

実証フィールド支援事業

AI、IoT、自動走行、ドローン等の市内での実証実験を促進するため、必要な手続きに関する電話・窓口相談の受付、関係機関や実証実験のフィールドとなる土地や施設の管理者等との調整等を行い、民間企業等による実証実験の円滑な実施を支援します。

※提案に当たっての留意事項(PDF:185KB)(相談・提案の前に必ずご確認ください。)

 

関連資料

クロス・センダイ・ラボ ガイドライン(PDF:579KB)

クロス・センダイ・ラボ 概要資料(PDF:3,911KB)

 

「クロス・センダイ・ラボ」の名称とロゴマークについて

クロス・センダイ・ラボのロゴ多様な課題の解決に向けて、民間企業等と仙台市とが連携し、それぞれの持つ資産を掛け合わせる(X[クロス])ことで、より大きな価値を創造することを目指して試行錯誤していく(ラボ)、という意味合いを込めています。

 

その他の提案窓口

相談・提案の内容によっては、個別の窓口を設けているものがありますので、以下のページをご確認ください。

民間企業等との連携

 

関連リンク

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

まちづくり政策局プロジェクト推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1254、8561

ファクス:022-214-8037