現在位置ホーム > くらしの情報 > くらしの安全・安心 > 防災・災害対策 > 防災の取組・計画 > 計画 > 仙台市業務継続計画(BCP)【地震・津波災害対策編】

更新日:2017年9月7日

ここから本文です。

仙台市業務継続計画(BCP)【地震・津波災害対策編】

計画の目的

大規模な地震・津波災害の発生により市役所機能が低下する中にあっても、市民の生命・身体及び財産を保護し、市民生活への影響を最小限とするよう、迅速に災害対応業務を開始するとともに、最低限の行政サービスを維持しつつ、可能なかぎり早期に通常業務を復旧させることを目的とした計画です。

※「BCP」はBusiness Continuity Plan(業務継続計画)の略称です

計画の基本方針

  1. 東日本大震災の経験と教訓を活かし、非常時において必要な人的・物的資源を確保するとともに、職員の災害対応能力を強化し業務継続能力の向上を図る。
  2. 非常時においては、市民の安全の確保を最優先することを主眼に、発災後の時列ごとに実施すべき業務の優先度を整理し、優先度の高い業務から着手する。
  3. 計画の内容については、課題と対策の進捗状況を随時検証し、不断の見直しを行う。

本市の業務継続計画の構成

計画の「第2章 東日本大震災の経験と教訓」において、東日本大震災における本市の対応を検証し、震災から得られた教訓の洗い出しを行い、その教訓を、「第3章 非常時優先業務」及び「第4章 業務を継続するための環境整備」に反映する構成としています。

計画の構成図

計画書本文及び概要は、こちらからご覧になれます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

危機管理室防災計画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-3046

ファクス:022-214-8096