現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化振興 > お知らせ > 2017年度(平成29年度)の記事一覧 > 郷土が生んだ詩人・土井晩翠をしのんで晩翠忌記念行事を開催します

更新日:2017年10月13日

ここから本文です。

郷土が生んだ詩人・土井晩翠をしのんで晩翠忌記念行事を開催します

10月19日は、詩人・土井晩翠が昭和27年に満80歳で亡くなった命日にあたります。つきましては、郷土が生んだ詩人・土井晩翠をしのんで、記念行事を開催します。

 

土井 晩翠(どい・ばんすい)

明治4(1871)年~昭和27(1952)年。仙台市生まれの詩人・英文学者。本名は土井林吉(りんきち)。

第一詩集『天地有情』(明治32年刊)に収録された壮大で神秘的な詩の数々は、当時の青年達に大きな感銘を与え、島崎藤村とともに並び称されました。「荒城の月」の作詞者としても知られています。

 

1 杜の都にひびけ「荒城の月」市民大合唱

(1)日時  10月19日(木曜日)午前10時~

(2)会場  青葉山天守台「荒城の月」詩碑前(青葉区川内1)

 ※申し込み不要。雨天の場合は担当までお問い合わせください。

(3)内容

木町通小学校の児童による「荒城の月」合唱のほか、市民から公募したグループがそれぞれ合唱や演奏、舞踊などで「荒城の月」などを演じます。

 

2 記念イベント 二人芝居 土井晩翠「秋保村にて」

(1)日時  10月22日(日曜日)午後2時20分~3時00分

(2)会場  仙台文学館 1階エントランスロビー ※入場無料。直接会場へお越しください。

(3)内容  

昨年度仙台市市民文化事業団30周年記念事業として上演し、ご好評をいただいたミュージアムシアター「土井晩翠 秋保村にて」をブラッシュアップしてお届けします。舞台は昭和20年初夏の秋保村。晩年の晩翠夫妻がその生涯やゆかりの文学者とのエピソードを語り合います。

(4)出演  戸石みつる氏(俳優)、佐々木久美子氏(俳優)

   脚本・演出 クマガイコウキ氏

 

※このほか、第58回晩翠わかば賞・晩翠あおば賞の贈呈式も実施します。

詳細は、「第58回晩翠わかば賞・晩翠あおば賞が決定しました」のページをご覧ください。

 

3 お問い合わせ

土井晩翠顕彰会事務局(仙台文学館)

電話 022-271-3020

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225